HOME > 西洋人・ハーフ顔の特徴

ハーフ顔になるために

西洋人・ハーフ顔の特徴

のっぺりと平坦な顔立ちの多い日本人にとって、彫(ほり)の深い西洋人顔は誰もが憧れるところです。特に最近では、ハーフやクォーターのモデルさんが増え、人気が集中しています。西洋人顔・ハーフ顔の特徴はいったいどのようなところなのでしょうか。日本人との顔立ちで大きく違いが出るのは、「目」「額」「鼻」「あご」の4つのパーツです。

<目>
二重の目元は西洋人顔の象徴ですが、更に幅の広い平行型二重にする必要があります。
また、蒙古襲がなく目と目の間が狭いこと、眉から目の距離が狭いことも大きな特徴です。

<額・おでこ>
ふっくらと丸みがあるおでこは、可愛らしい印象を与えてくれますし、横顔にも凹凸が出てより西洋人顔に近くなります。
また、眉の位置を出して高くすることで彫(ほり)の深い顔になります。

<鼻>
日本人の鼻は、小鼻が張っていたり、ダンゴ鼻のようにふくらんだりしている人が多いのですが、西洋人の場合、眉間から鼻先まで全体的に高く、すーっと鼻筋が通っています。
また、鼻先が下に向いているのも西洋人顔の特徴のひとつです。

<あご>
西洋人のあごは、アゴ先が前下方にしっかり出ているのが特徴です。
そのため、横顔のラインも日本人と西洋人とではかなり異なります。
エラが張っていない、細くすっきりとしたフェイスラインも日本人が憧れる西洋人顔の特徴です。

西洋人顔にはこれらの特徴がありますが、最近人気のハーフ顔は西洋人顔の特徴をすこし弱めたような感じだと言えます。日本人よりも彫(ほり)が深く、それでいて西洋人ほど彫が深すぎない、まさにハーフやクウォーターです。目は西洋人よりも大きくパッチリしていてややタレ目、口先はアヒルのように尖っているのが最近人気のハーフ顔です。