HOME > 施術 > あご・輪郭の施術

施術について

あご・輪郭

あご・輪郭の施術

ハーフ顔になるための秘訣

長いあごやしゃくれていたり小さすぎたりなどあごの悩みは様々。ハーフ顔のポイントはアゴ先が前下方に出ていること。輪郭はエラが張っていないことで、フェイスライン全体をシャープに見せることができます。

パーツの特徴と施術

気軽にヒアルロン酸でアゴを出す

ヒアルロン酸注入は、手軽にシャープなあごを手に入れる施術で、あごのラインが貧弱な方におススメです。施術は約10分。痛みや術後の腫れもほとんどありません。あごを出す大きさによりヒアルロン酸の注入量が異なります。ただし効果の持続は約1~3年なので、半永久的な効果を望む方はプロテーゼがおススメです。頬をふっくらとさせたい方にもヒアルロン酸注射が向いていますし、エラが張っている方ならボトックス注射でのプチ整形もあります。

プロテーゼで半永久的にアゴを出す

引っ込んでいるあごを前に出すことでハーフ顔になる施術が、プロテーゼによるあご形成です。横顔のラインもバランスよく美しくなる施術で、半永久的に効果があるのが魅力です。高度な技術と美的センスを必要としますが、施術は約30分と短時間ですみます。手術は下唇の内側を切開し、希望するあごの形のプロテーゼを挿入します。術後の強い腫れは1週間ほどありますが、1カ月もすればとても自然なラインとなり、傷跡は目立ちません。

エラ削りやボトックス注射で輪郭をシャープに

手軽にエラの張りを解決しハーフ顔になる施術がボトックス注射です。施術は約10分。術後の腫れもほとんどありません。効果は約半年~1年。メスは使いますが永久的な効果を望むなら、エラの骨を削る手術がおススメです。エラ削りは全身麻酔となるため約3日間の入院が必要で、術後2~4週間は強い腫れがありますが、一気に小顔になれるのと横顔のラインがすっきりと女性らしくなれる点ではボトックス注射よりも優れています。

施術の費用

あごを出す(ヒアルロン酸) 5-10万
あごを出す(プロテーゼ(人工物)) 15-40万